白地黒線文鉢 しろじこくせんもんはち

制作地:イラン
イラン・サファヴィー朝時代 16世紀
陶器
径24.5 高台径9.0 高8.0
1口

薄い茶褐色の胎土を用いた、高台から緩やかな曲線を描いて広がる、口縁部が少し厚手の鉢。高台内部まで全面的に白化粧土を掛けている。見込み中央に花文、内面に網目文、口縁部には線状文を灰色の絵具で描いている。内面にのみ透明釉が施されている。見込みには焼成時のトチン痕3箇所がある。内面と口縁部の一部に釉の剥がれが認められる。口縁の外面に一部釉薬が垂れている。高台の内部は緩やかな弧を描きながら窪んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

白地黒線文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三彩刻線文鉢
白地黒文字文小鉢
三彩木葉文鉢
白地三彩直線交差文鉢
三彩刻線文鉢
ページトップへ