伊良湖東大寺瓦窯跡出土品 いらごとうだいじがようあとしゅつどひん

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 鎌倉 / 中部 

愛知県
鎌倉時代
 軒丸瓦は、外径約20cmで、径約16cmの内区には中心に一つ、それを取り巻くように六つの円圏(径4.8cm)を配し、中央の三つに「東大寺」、その右側の二つに「大佛」、左側の二つに「殿瓦…
455点
田原市古田町岡ノ越6-4
愛知県指定
指定年月日:20200207
田原市
有形文化財(美術工芸品)

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

伊良湖東大寺瓦窯跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊良湖東大寺瓦窯跡
上高根行者堂遺跡出土の軒丸瓦・平瓦・丸瓦
籬垣菊双雀鏡
刻字・刻文碗(通称:「ざれ歌の碗」)
明暦二年銘銅鰐口
ページトップへ