Seated Tsongkhapa

Details

Seated Tsongkhapa

Sculpture / Qing Dynasty / China

Place of production:China

Qing dynasty, 17th–18th century

Gilt bronze

1躯

複雑な教えや儀礼の継承が必要とされるチベット仏教では祖師が重視され、ラマと呼ばれる師匠は信仰の対象となりました。両手に持つ蓮華に文殊菩薩の象徴である剣と経典を載せる像は、最大宗派であるゲルク派の祖ツォンカパとみられます。頭には布製の頭巾+ずきん+をつけていたのでしょう。

Search by Seated Tsongkhapa

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ Qing / China / チベット

Related Works

Search items related to work chosen