色絵月下弾琴図大皿 いろえげっかだんきずおおざら

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 / 昭和以降 

加藤土師萌作
昭和18年(1943)
磁器
高7.3 口径40.9 底径15.9
1枚
銘文:「土師萌造」染付銘

加藤土師萌+かとうはじめ+(本名一+はじめ+)は、古陶磁研究にもとづいた多彩な作品にとりくみ、なかでも中国明時代の五彩磁器の研究に力を注ぎ、金襴手+きんらんで+、黄地虹彩+おうじこうさい+の技法を解明しました。昭和36年(1961)に国の重要文化財保持者(人間国宝)「色絵磁器」に認定されました。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵月下弾琴図大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草白釉釉描加彩月下木乃葉ずく陶筥
色絵更紗文大皿
色絵更紗文大皿

富本憲吉作

色絵磁器
倣明嘉靖黄地紅彩菊牡丹文角鉢
色絵花卉図大皿
ページトップへ