航海探険廻国記 こうかいたんけんかいこくき

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / ヨーロッパ 

メーデス・ピント
江戸時代/1653年
版本
縦27.7×横19.3㎝
1冊

ポルトガル人メーデス・ピントがアフリカ・インド・東南アジア・日本を約20年遍歴し、帰国後著した旅行記。日本に4度訪れており、5分の1を日本関係の記述に充てている。自分を種子島に鉄砲を伝えた一人とし、大友義鎮(宗麟)の招きで府内を訪問し、弟に鉄砲の撃ち方を教えたというエピソードが記されている。多分に脚色された点も多いが、他の文献にはない貴重な証言が含まれている。本資料は1653年にロンドンで出版された英語版。

作品所在地の地図

関連リンク

航海探険廻国記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大友義鎮(宗麟)書状
日本の花束
日本の花束

アントニオ・カルディム

マッフェイ編 イエズス会宣教師書簡集
大友宗麟一字書出(狹間田淡路守宛)
広益国産考
広益国産考

大蔵永常

ページトップへ