Set of Sword Fittings: Menuki, Kogai, Kozuka, and Fuchigashira, Design of Ariwara no Narihira's journey to the eastern provinces

Details

Set of Sword Fittings: Menuki, Kogai, Kozuka, and Fuchigashira, Design of Ariwara no Narihira's journey to the eastern provinces

others / Edo

By Mitsumasa

Edo period, 18th century

1組

銘文:小柄・笄・縁銘 後藤光理(花押)

鐔のほかの刀装具として、本来刀身の茎(なかご)と柄(つか)を固定する釘の頭の装飾であった目貫(めぬき)、鞘口の表に指し添える理髪の道具とされた笄(こうがい)、鞘口の裏に指し添える小刀(こがたな)の柄(つか)である小柄、柄の両端の金具である縁頭(ふちがしら)などがあり、揃いの目貫・笄・小柄を三所物(みところもの)と呼んでいる。

Related Works

Search items related to work chosen