Braided Cord (Reproduction)

Details

Braided Cord (Reproduction)

Textiles / Meiji

Meiji period, 19th century, Original: Nara period, 8th century

1条

 立体的な角組で、途中に結び玉などをつくる。同種の組紐は、佩飾(腰から下げる飾り)紐の一部に用いられており、その組紐を模造したものであろう。正倉院の佩飾用の帯は、組紐や綴織などの細帯に、角組紐を数本付け、下方に刀子などの品々を装着する。
20091110_h22
ルビ:はいしょく、つづれおり

Related Works

Search items related to work chosen