Seated White Tara

Details

Seated White Tara

Sculpture / Qing Dynasty / China

Place of production:China

Qing dynasty, 17th–18th century

Gilt bronze

1躯

観音菩薩の「ターラー」(瞳)から生まれたという美しい女神。役割により身色は多様で、白色ターラーは延命長寿や無病息災を司る仏として信仰を集めました。額に加え、両手両足にも瞳が表わされるのが特徴です。仏頂尊勝母坐像(TC-274)とともに官営工房製と思われます。

Search by Seated White Tara

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ Qing / 菩薩 / 坐像

Related Works

Search items related to work chosen