中国にて18 「きゃつらめはまちがいなくはめられようとしてんだぞ、あのヨーロッパ人のたわけどもめが!・・・きゃつらめは大砲を持ってて、そりゃ恐ろしいもんだったが、それってのも、砲身の内側にぐるぐるっと溝を彫ってたからなんだ、で、朕のほうは、朕ってば、兵士どもをみんな縞々にしちまうっていう、めちゃくちゃすごい考えを思いついたんだぞ!・・・」

その他 

ドーミエ、オノレ (1808-1879)
1859年
リトグラフ
23.0×27.0 cm

作品所在地の地図

関連リンク

中国にて18 「きゃつらめはまちがいなくはめられようとしてんだぞ、あのヨーロッパ人のたわけどもめが!・・・きゃつらめは大砲を持ってて、そりゃ恐ろしいもんだったが、それってのも、砲身の内側にぐるぐるっと溝を彫ってたからなんだ、で、朕のほうは、朕ってば、兵士どもをみんな縞々にしちまうっていう、めちゃくちゃすごい考えを思いついたんだぞ!・・・」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

『古代史』より「うるわしのナルキッソス」
試薬臼砲(プルーフ・モルチール)
ヴィル=ダヴレー 白樺のある池
ヴィル=ダヴレー 白樺のある池

ジャン=バティスト=カミーユ・コロー

『古代史』より「オイディプスとスフィンクス」
煙草を吸う男
煙草を吸う男

ラ・トゥール、ジョルジュ・ド

ページトップへ