文化遺産オンライン

竪矧広板鋲留衝角付冑

たてはぎひろいたびょうどめしょうかくつきかぶと

作品概要

竪矧広板鋲留衝角付冑

たてはぎひろいたびょうどめしょうかくつきかぶと

考古資料 / 古墳

出土地:埼玉県秩父市 下金屋所在古墳出土

古墳時代・6世紀

鉄製

1個

衝角付冑+しょうかくつきかぶと+は、日本列島独自の冑。正面の鎬+しのぎ+を軍艦の舳先+へさき+(衝角)に見立ててその名がある。古墳時代の甲冑は革綴から鋲留へと変化し、当作品は後者に属する。平面形が円に近く腰高で、縦長で幅広の鉄板を留め合わせており、古墳時代の中でも新しいものである。

竪矧広板鋲留衝角付冑をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 古墳 / 衝角 /

関連作品

チェックした関連作品の検索