文化遺産オンライン

栄螺に鼠金銀造り簪

サザエニネズミキンギンヅクリカンザシ

作品概要

栄螺に鼠金銀造り簪

サザエニネズミキンギンヅクリカンザシ

染織

1本

 江戸時代の女性の結髪は、前髪、顔の両横にふくらませた鬢、後ろに束ねる髱の三つの部分で構成されており、簪は前髪の脇に差すのが一般的である。髪飾りは当時のいわば宝飾品。栄螺と鼠の取り合わせの意味は分からないが、人々の目をひき付けたことだろう。

栄螺に鼠金銀造り簪をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 結髪

関連作品

チェックした関連作品の検索