庭田重有消息 ニワタシゲアリショウソク

 

縦:28.5cm 横:80.5cm
1幅

庭田重有(にわたしげあり)(一三七八~一四四〇)は、庭田経有(つねあり)の子として生まれた。妹にあたる幸子は伏見宮貞成親王(さだふさしんのう)のもとに入室し、後花園天皇の生母として知られる。この消息は、「得業御房」なる僧侶が某所への下向に際して、重有が認めたものである。宛所「得業御房」が誰にあたるのかは確定できないが、南都の僧侶ではないかと思われる。本紙と礼紙の二紙から構成されていたことが残された墨引の跡から判明する。

作品所在地の地図

関連リンク

庭田重有消息チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
花園天皇宸翰消息
花園天皇宸翰御消息〈後二月廿四日(御花押)/〉
和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
金光明経 巻第四断簡(目無経)
ページトップへ