文化遺産オンライン

真宗本廟東本願寺御影堂門北側築地塀

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじごえいどうもんきたがわついじべい

概要

真宗本廟東本願寺御影堂門北側築地塀

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじごえいどうもんきたがわついじべい

宗教建築 / 明治 / 近畿 / 京都府

京都府

明治/1895以前

土塀、瓦葺、折廻り延長109m

1棟

京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754

登録年月日:20020625

宗教法人真宗大谷派

登録有形文化財(建造物)

御影堂門の北方,菊の門との間に折曲がりに続く土塀。南寄りに参拝所への通用門を設け,御影堂門側にも戸口1所を開く。他と同様の本格的な築地塀で,烏丸通りに面して寺域を限る延長さ100mを越えて一直線に連なる姿は,壮大な伽藍構成上欠かせない存在。

関連作品

チェックした関連作品の検索