Jar With round opening

Details

Jar With round opening

Archaeology / Yayoi / Aichi

Place excavated:Excavated from Atsuta Shell Mound, Nagoya-shi, Aichi

Yayoi period, 2nd-1st century BC

1個

弥生時代には煮炊き用の甕、貯蔵用の壺、盛り付け用の高坏と用途別の土器が作られた。弥生時代中期後葉の東海地方では、壺や甕の胴部に大きな円い孔をもつ円窓付土器+まるまどつきどき+が分布する。これらは煮炊きや貯蔵には不向きなため、儀礼のために作られたと考えられている。

Search by Jar With round opening

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Yayoi / 弥生 / 土器 /

Related Works

Search items related to work chosen