Shuugakuinrikyuushunkeizu

修学院離宮春景図

Details

Shuugakuinrikyuushunkeizu

修学院離宮春景図

絵画

縦:36.2cm 横:61.4cm

1幅

岸連山(きしれんざん:1804~1859)は、岸駒の女婿・岸良に就いて学び、その養子となって岸を名のった。筆意中心の岸駒以来の岸派の画風は、連山の代にいたって穏やかなものになった。この図にも、そういった連山の画風がよくあらわれている。

Search by Shuugakuinrikyuushunkeizu

Search by 京都国立博物館

Keywords

/ Edo / /

Related Works

Search items related to work chosen