文化遺産オンライン

真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門南側築地塀

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじあみだどうもんみなみがわついじべい

概要

真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門南側築地塀

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじあみだどうもんみなみがわついじべい

宗教建築 / 明治 / 近畿 / 京都府

京都府

明治/1895以前

土塀、瓦葺、折廻り延長96m

1棟

京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754他

登録年月日:20020625

宗教法人真宗大谷派

登録有形文化財(建造物)

阿弥陀堂門の南方に折曲がりに約100m続く土塀で,外堀に面する外側は切石垣基礎を築きその上に建つ。柱形をあらわして出桁で垂木を受け本瓦葺屋根を架け,柱間漆喰壁面には5筋の目地を付けた本格的な築地塀。中間の折曲がり部の南方は大正に延長された。

関連作品

チェックした関連作品の検索