文化遺産オンライン

真宗本廟東本願寺玄関門

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじげんかんもん

概要

真宗本廟東本願寺玄関門

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじげんかんもん

宗教建築 / 明治 / 近畿 / 京都府

京都府

明治/1911

木造薬医門、瓦葺、建築面積26㎡、左右袖塀付

1棟

京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754

登録年月日:20020625

宗教法人真宗大谷派

登録有形文化財(建造物)

菊の門のすぐ北に並んで建つ。薬医門形式,切妻造,本瓦葺で,桁行を3間に分け,中央間を戸口とし両脇に板壁の脇間をとる。桁行約8.6m,棟高約10mの大型の薬医門で,装飾は少ないが派手な絵様の肘木や頭貫木鼻により,華やかで堂々とした構えを造る。

関連作品

チェックした関連作品の検索