文化遺産オンライン

真宗本廟東本願寺菊の門北側築地塀

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじきくのもんきたがわついじべい

概要

真宗本廟東本願寺菊の門北側築地塀

しんしゅうほんびょうひがしほんがんじきくのもんきたがわついじべい

宗教建築 / 明治 / 近畿 / 京都府

京都府

明治/1895以前

土塀、瓦葺、折廻り延長44m

1棟

京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754

登録年月日:20020625

宗教法人真宗大谷派

登録有形文化財(建造物)

菊の門の北,玄関門までの間を折曲がりに仕切る土塀。他と同様の形式による築地塀だが,菊の門側の矩折れ部では正面側に妻面を見せるのに対して,玄関門側端部は妻面を正面ではなく北面に造るなど,門の形式を考慮して全体の構成を整える巧みな計画が窺える。

関連作品

チェックした関連作品の検索