Minamotonoyoshiiegankonomidarenifukuheiwoshirunozu

源義家雁行乱知伏兵図

Details

Minamotonoyoshiiegankonomidarenifukuheiwoshirunozu

源義家雁行乱知伏兵図

絵画 / 日本画 / 江戸 / 日本

田中訥言(1763~1863)筆

たなかとつげん

江戸時代後期

絹本着色

本紙縦95.5cm 横39.5cm

3幅対

やまと絵の復興者として名高い訥言だが、晩年は眼を患い、ついには失明し、自ら命を絶ったと伝えられる。それを裏付けるのが、ここに押されている「晦存」印と「求明」の款記である。次第に暗くなっていく視界のなかでの精密な描写に、画家訥言の気概が感じられる。

Related Works

Search items related to work chosen