天正かるた版木重箱 てんしょうかるたはんぎじゅうばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  その他 / 安土・桃山 / 日本 

桃山時代
高さ20.1cm  14.4×14.4cm
池長孟コレクション

 かるたは南蛮貿易とともにもたらされ、バクチ遊びとして流行した。語源はポルトガル語のCartaといわれる。その構成は現在のトランプに近く、パオ(棍棒・こんぼう)、コップ(聖杯・せいはい)、オウル(貨幣・かへい)、エスパーダ(剣)という4種の紋標に、各々1~9の数字札と3枚の絵札(女官、騎士、王)があり、合計48枚でセットとなる。 図版の拓影は左から1、女官、騎士、王で、カード1枚は6.4×3.5cmと小型。後世には図様も日本化するが、この48枚そろいの版木は西欧の面影をよく伝えている。同種の実物が1枚だけ滴翠(てきすい)美術館に現存し、「三池住貞次」の銘から福岡県三池地方で作られたと推定されている。後世、朱漆(しゅうるし)をかけて重箱に仕立てたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

天正かるた版木重箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

うんすんかるた
勝幡寺 元三大師みくじ関係資料 一式
浮世絵版木蹴鞠之図
浮世絵版木蹴鞠之図

喜多川歌麿

ウンスンカルタ
貝貼り書箪笥
ページトップへ