小林一茶の久保田春耕宛書簡「…されば私は丸焼けにて…」 こばやしいっさのくぼたしゅんこうあてしょかん「…さればわたしはまるやけにて…」

ページトップへ