2. 法的事項

a) 資産所有者

宗教法人法隆寺:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
宗教法人法起寺:奈良県生駒郡斑鳩町大字岡本
b) 法的保護状況  建造物群を構成する建造物48棟は、文化財保護法(1950年8月29日施行)第27条による国宝または重要文化財に指定されており、(以下、指定建造物という)(付属資料7「建造物目録及び官報告示写し(1,2,3,4)」)、また、それらが所在するところの推薦地域は、法第69条による史跡に指定、ないし、法第57条の4による埋蔵文化財包蔵地となっている。
 指定建造物は所有者が管理・修理および公開を行うことを原則とする(法第30条・31条・34条の2・47条の2・74条)。指定建造物および史跡指定地内の現状を変更する行為は制限され、国の許可を得なけれぱならない(法第43条・80条)。埋蔵文化財包蔵地で土木工事を行う場合は、国に届出て、必要な指示を受ける(法第57条の2・3)。指定建造物の保存修理と管理には国が経費を補助し、技術的指導を行う(法第35条・47条)。これら文化財保護法の規定に違反した場合は罰則が課せられる。
 指定建造物の大部分は一年を通じて一般に公開している。少数の未公開の建造物も所有者の許可を得て見学することができる。
 指定建造物および土地は、ともに宗教団体として活動している法人の財産である。

付属資料4
資産内外の法的保護区分図

別添参考資料1 文化財保護法
c) 監督官庁 文化庁
 東京都千代田区霞が関3-2-2
d) 協力官庁及び関係組織 1)文化財保護審議会とその専門委員会(文化財保護法関係) 事務局:文化庁 東京都千代田区霞が関3-2-2
2)総理府(古都保存法関係) 東京都千代田区永田町1-6-1
3)建設省(都市計画法闘係) 東京都千代田区霞が関2-1-3
4)奈良県(古都保存法・風致条例・都市計画法関係〉
  奈良県教育委員会(文化財保護法関係) 奈良県奈良市登大路町
5)斑鳩町・斑鳩町教育委員会 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西3-7-12


link-button