旧米谷家住宅(奈良県橿原市今井町) 土蔵及び蔵前座敷 こめたにけじゅうたく どぞうおよびくらまえざしき

建造物 住居建築 / 江戸 / 近畿

  • 奈良県
  • 江戸末期/1850
  • 土蔵 土蔵造、桁行5.7m、梁間3.9m、二階建、切妻造、本瓦葺
    蔵前座敷 桁行3.0m、梁間4.2m、東面切妻造、西面土蔵に接続、
         南面及び東面庇付、桟瓦葺
  • 1棟
  • 奈良県橿原市今井町一丁目10番11号
  • 重文指定年月日:19720515
    国宝指定年月日:
  • 国(文部科学省)
  • 重要文化財

この住宅はもと米谷家所有であったが昭和三十一年国有になった。 今井町の上層町屋としては簡素な作りである。 角座敷を後に作っている。 この付近の町並は江戸時代のおもかげを残している。

旧米谷家住宅(奈良県橿原市今井町) 土蔵及び蔵前座敷

ページトップへ