太刀〈銘康次/〉 たち〈めいやすつぐ〉

工芸 / 鎌倉 / 中部

  • 康次
  • 鎌倉
  • 鎬造、庵棟、身幅広く中鋒、腰反高く踏張りあり。鍛えは小板目杢交じり、所々に墨肌地斑交じり、地沸つき、地斑映り立つ。刃文表は乱に丁子交じり、足葉よく入り、裏小乱足葉頻りに…
  • 身長85.7 反り3.5 元幅3.6 先幅2.5 鋒長3.8 茎長25.0 (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19311214
    国宝指定年月日:19550202
    登録年月日:
  • 宗教法人崇教真光
  • 国宝・重要文化財(美術品)

青江派の中でも最も長寸で、身幅が広く、豪壮な姿の太刀である。刃文も大小模様を入り交ぜた華やかなものである。本太刀は足利義昭が島津義久に送ったもので、長く薩摩の島津家に伝わった。

太刀〈銘康次/〉

ページトップへ