滝山城跡 たきやまじょうあと

史跡 城跡 / 関東

  • 東京都
  • 八王子市高月町・加住町・丹木町
  • 指定年月日:19510609
    管理団体名:
  • 史跡名勝天然記念物

大永元年大石定重の築くところである。その子定久は北条氏に属して氏照を養子とし氏照はこれに據り、永禄十二年武田氏の来襲にあったようなこともあったが、のち八王子城に移った。城は北方は急崖をなして多摩川に臨み、南方は谷地川添いの谷状の平地に接している。南面を大手、北面を搦手とし、山背部に本丸・千疂敷・二の丸・小宮郭等の諸郭を構え、本丸・千疂敷間の深い切通しに架橋した跡があるのは注意すべきであって、所々に改変のあとはあるが、掘・土塁等よく旧状を止め地形を利用した縄張は巧みであり、中世に於ける城郭の規模を知る上に重要な遺跡である。

滝山城跡

ページトップへ