チャッキラコ ちゃっきらこ

民俗 無形民俗文化財 / 神奈川県

  • 神奈川県三浦市三崎
  • 2009年 ユネスコ 無形文化遺産保護条約 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」記載
  • 保護団体 : ちゃっきらこ保存会
  • 重要無形民俗文化財(民俗芸能:風流)昭和51年5月4日指定

左義長(さぎちょう)の舞」「初瀬踊」ともいわれる小正月の芸能である。三崎の仲崎(なかざき)と花暮(はなぐれ)地区に伝承されており、1月15日、三崎の海南神社で一踊りしたあと、町内の家々をめぐって踊られる。
 踊りには「はついせ」「チャッキラコ」「二本踊」「よささ踊」「鎌倉踊」「お伊勢参り」の6つがある。踊り手は少女が務め、女性の歌にあわせ、晴着姿でそれぞれ扇やチャッキラコと呼ばれる綾竹(あやだけ)を手にして踊る。
 チャッキラコは、近世初頭に流行した小歌踊をしのばせるなど特色がある。

チャッキラコ ちゃっきらこ

その他の画像

全2枚中 2枚表示

チャッキラコチャッキラコ
ページトップへ