盛合家住宅主屋 もりあいけじゅうたくしゅおく

建造物 住居建築 / 江戸 / 東北

  • 岩手県
  • 江戸/1751-1829/1926-1988改修
  • 木造平屋一部2階建、鉄板葺、建築面積456㎡
  • 1棟
  • 岩手県宮古市津軽石第4地割18
  • 登録年月日:20071002
  • 登録有形文化財(建造物)

座敷棟に土間棟が矩折れに付く切妻造鉄板葺で、敷地の中央に南面して建つ。主座敷はトコと違棚、付書院を構える12畳半で、二方に巡る土庇を介して庭園を臨み、次の間や上便所、浴室も残す。陸中沿岸に残る良質な住宅建築である。

盛合家住宅主屋 もりあいけじゅうたくしゅおく

その他の画像

全2枚中 2枚表示

盛合家住宅主屋盛合家住宅主屋
ページトップへ