宇治上神社本殿 うじがみじんじゃほんでん

建造物 宗教建築 / 平安 / 近畿

  • 京都府
  • 平安後期/1086-1184
  • 桁行五間、梁間三間、一重、流造、檜皮葺、内殿三社、各一間社流造
  • 1棟
  • 京都府宇治市宇治山田
  • 重文指定年月日:19020417
    国宝指定年月日:19520329
  • 宇治上神社
  • 国宝

宇治川を挟んだ平等院の対岸にある。創始は明らかでないが、平等院鳳凰堂の完成後、宇治に来訪する貴族の信仰も厚かった。本殿は外観が特異であるが、規模の違う一間社流造の内殿三棟を覆屋で囲んだ形式で、内殿は全国に普及した流造の典型。建立年代は細部の手法から12世紀前期と推定され、神社建築として最古の遺構である。

宇治上神社本殿 うじがみじんじゃほんでん

ページトップへ