稲荷川第二砂防堰堤 いなりがわだいにさぼうえんてい

建造物 近代その他 / 大正 / 関東

  • 栃木県
  • 大正/1920
  • 重力式コンクリート造堰堤、堤長40m、堤高7.0m、右岸護岸付
  • 1基
  • 栃木県日光市大字日光字帰ル沢・中鈴地先
  • 登録年月日:20020821
  • 国(国土交通省)
  • 登録有形文化財(建造物)

第四堰堤の上流側110m地点にあり,堤体に8箇所の矩形水抜を設け右岸側に延長40mの練積護岸を残す。空積の第一堰堤が竣工直後流失した反省を踏まえ練積とし,幅長の丸み付台形水通部を有すという当事業建設堰堤群の特徴を示す最古のもの。設計は蒲孚。

稲荷川第二砂防堰堤 いなりがわだいにさぼうえんてい

その他の画像

全2枚中 2枚表示

稲荷川第二砂防堰堤稲荷川第二砂防堰堤
ページトップへ