えちぜん鉄道勝山駅本屋 えちぜんてつどうかつやまえきほんや

建造物 近代その他 / 大正 / 中部

  • 福井県
  • 大正/1914/1926-1988増築
  • 木造2階建、瓦葺、建築面積163㎡
  • 1棟
  • 福井県勝山市遅羽町比島25-11
  • 登録年月日:20040217
  • えちぜん鉄道株式会社
  • 登録有形文化財(建造物)

大正3年4月開業の越前電気鉄道勝山駅。木造2階建,寄棟造,桟瓦葺で,吹放ちの庇が巡る。後に南の平屋建を増築。基礎は福井市産の笏谷石。外壁は真壁造で,1階を洋風の竪羽目板張ペンキ塗,2階を和風の白漆喰塗とする。地方鉄道における駅舎本屋の好例。

えちぜん鉄道勝山駅本屋 えちぜんてつどうかつやまえきほんや

その他の画像

全3枚中 3枚表示

えちぜん鉄道勝山駅本屋えちぜん鉄道勝山駅本屋えちぜん鉄道勝山駅本屋
ページトップへ