花貫川第一発電所第3号水路橋(めがね橋) はなぬきがわだいいちはつでんしょだいさんごうすいろきょう(めがねばし)

建造物 近代その他 / 大正 / 関東

  • 茨城県
  • 大正/1918
  • 鉄筋コンクリート造2連アーチ橋、橋長77m、幅員2m
  • 1基
  • 茨城県高萩市大字秋山字板木2989
  • 登録年月日:19991118
  • 東京発電株式会社
  • 登録有形文化財(建造物)

花貫ダムと花貫川第一発電所間の送水路の一部をなす長さ約77mの水路橋。支間約26mの2連RCアーチからなる。スパンドレル部に位置する木造桁橋の橋脚部材を想わせる鉛直材に,我が国の橋梁分野におけるRC導入初期の造形が窺える。

花貫川第一発電所第3号水路橋(めがね橋) はなぬきがわだいいちはつでんしょだいさんごうすいろきょう(めがねばし)

その他の画像

全3枚中 3枚表示

花貫川第一発電所第3号水路橋(めがね橋)花貫川第一発電所第3号水路橋(めがね橋)花貫川第一発電所第3号水路橋(めがね橋)
ページトップへ