堀川用水及び朝倉揚水車 ほりかわようすいおよびあさくさようすいしゃ

史跡 / 九州

  • 福岡県
  • 朝倉市
  • 指定年月日:19900704
    管理団体名:
  • 史跡名勝天然記念物

堀川用水は筑後川四大用水、すなわち堀川用水、床島用水、大石長野用水、袋野用水のうちの一つで、寛文三年(一六六三)、福岡藩士木村長兵衛、魚住五郎右衛門によって着工され、翌四年に竣工をみた。四大用水のうち最も古く開鑿されたものである。この結果一五〇町余が開田されたという(『筑前国続風土記』『[[上座]じょうざ]郡堀川宝暦御普請記録』)。
 その後六〇年を経た享保七年(一七二二)取水口に土砂が堆積したので、福岡藩士川崎伝次郎、麻生四郎右衛門によって取入口の移動が行われ、右岸の岩盤に長さ一一間、内法五尺四方のトンネルが穿たれた。これが切貫水門である。
 この工事は難工事であったため、守護神として水神を祭って祈念した。これが現在水門の上に建てられている水神社である。
 その後、宝暦九年(一七五九)、上座郡奉行嶋井市太夫が検分の結果、用水幅を広げ新溝を掘り、取入口を拡張し、突堤井堰の嵩揚げが実施されることとなり、[[十時]ととき]源助の支配下にこれらの工事が実施され、切貫水門は一〇尺四方に切拡げられた。現在残る遺構はこの時拡張された時のものである。この結果灌漑面積は二一八町九反歩に増加した。
 堀川用水は流速も早く水量も豊富な用水であったため、上流部には揚水車が設置された。文政八年(一八二五)筑後川絵図(大内哲夫氏所蔵)には堀川に上流より二連、三連、二連、二連の水車が画かれているが、後三者がそれぞれ菱野三連水車、三島二連水車、久重二連水車として現存している。
 その絵図によって各揚水車が一六〇年以上の歴史をもつことが明らかになるが、さらに『上座下座両郡御境目並…

堀川用水及び朝倉揚水車

ページトップへ