銀板写真(石塚官蔵と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉 ぎんばんしゃしん(いしづかかんぞうとじゅうしゃぞう)〈えりふぁれっと・ぶらうん・じゅにあさつえい/せんはっぴゃくごじゅうよねん〉

歴史資料 / 江戸 / 北海道

 ペリー配下の写真師エリファレット・ブラウン・ジュニアの撮影にかかる石塚官蔵【かんぞう】と従者三人の集合写真である。
 被写体である石塚官蔵は松前藩士で、嘉永七年(一八五四)の撮影時、箱館で松前勘解由の配下としてペリーとの応接にあたった。画像はきわめて不鮮明であるが、劣化進行以前に作成された複製によりその画像を知ることができる。それによれば、中央に羽織・袴姿の官蔵が椅子に座り、背後向かって左に羽織・股引で笠を持つ男と、中央に草履を持つ男、右に槍を持つ男が控えている。
 本件の銀板はハーフプレートで、右下にブラウン・ジュニアの刻銘「E.Brown Jr/Hakotadi/Japan/1854」があり、撮影者、撮影地、撮影時期を裏づける。銀板写真を納める化粧箱の装飾は、表裏ともに中央に楕円を置き、周囲を花卉文で飾り、さらに唐草文を配し、周縁に金箔を押して施文する。なお、化粧箱の蝶番は破損しているため、蓋部分と身部分とが分離している。
 化粧箱の底には、鉛筆で「E.Brown Jr./Daguerreotype Artist/U.S.Steam Frigate Porhatan/Hakotadi/Island Jesso/Japan/June 1st 1854」と書かれた添状が一通貼られている。また、「Presented by Commodore M.C.Perry/Hakodadi,Yesso/June 1st 1854.」とインク書され、その下部に「此日影像/亜国提督被理呈贈/石塚官蔵/甲寅五月初六日」と墨書された洋紙の添状一通も別途附属し…

銀板写真(石塚官蔵と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉

ページトップへ