専修寺 太鼓門 せんじゅじ たいこもん

建造物 宗教建築 / 江戸 / 近畿

  • 三重県
  • 江戸末期/1861
  • 桁行19.9m、梁間5.5m、四重、入母屋造、本瓦葺
  • 1棟
  • 三重県津市一身田町
  • 重文指定年月日:20130807
    国宝指定年月日:
  • 専修寺
  • 重要文化財

専修寺は、津市街の北方に位置する真宗高田派の本山である。正保2年(1645)の伽藍焼失後、順次、諸堂が再建された。このうち境内中央の御影堂と如来堂は重要文化財に指定されている。御影堂前の山門、如来堂前の唐門、御影堂と如来堂を結ぶ通天橋をはじめ、鐘楼や茶所が境内南側を構成する。境内西側には華やかな彫刻で飾られた御廟の諸建築が、東側には大玄関、対面所、賜春館などの上質な殿舎群や、三重の太鼓櫓をもつ太鼓門が建ち並ぶ。専修寺の堂舎群は、いずれも規模雄大で、優れた意匠を持つ。近世の浄土真宗本山寺院にふさわしい格式をもつ壮大な伽藍を創出しており、高い価値が認められる。

専修寺 太鼓門 せんじゅじ たいこもん

その他の画像

全2枚中 2枚表示

専修寺 太鼓門専修寺 太鼓門
ページトップへ