紅綸子地立涌花卉模様打掛 べにりんずじたてわくかきもよううちかけ

工芸 染織 / 江戸 / 佐賀県

  • 佐賀県
  • 江戸時代後期
  • 丈167.0 cm 裄61.5cm
  • 1領
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

綸子の滑らかな生地に、波形の立涌文に雲形と、牡丹・菊・藤の花束模様が配された打掛。紅地や多彩な刺繍糸と相まって豪華な雰囲気を醸し出している。佐賀藩主鍋島家伝来だが、所用者は不明。

紅綸子地立涌花卉模様打掛 べにりんずじたてわくかきもよううちかけ

ページトップへ