陸安集 りくあんしゅう

歴史資料 文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県

  • 松平慈貞院(貢姫・健子)
  • まつだいらじていいん(みつひめ・たけこ)
  • 佐賀県
  • 文久2年/1862年
  • 紙本墨書 冊子装
  • (地)縦18.5cm 横13.1cm (人)縦27.1cm 横18.5cm
  • 2冊
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

小堀遠州や千宗旦に学び、宗徧流を創始した茶人に山田宗徧がいる。その代表的著作である「茶道便蒙抄」をもとに、神谷松見が注釈などを加えて成立したのが「陸安集」である。
本品は宗徧流を学んだ貢姫(健子・慈貞院/10代佐賀藩主鍋島直正長女)が24歳にあたる文久2年(1862)に書写したことが奥書から分かる。

陸安集 りくあんしゅう

その他の画像

全4枚中 4枚表示

陸安集陸安集陸安集陸安集
ページトップへ