吉田家住宅(埼玉県比企郡小川町) よしだけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 関東 

埼玉県
江戸中期/1721
桁行21.0m、梁間10.6m、寄棟造、一部二階、茅葺、南面、西面、北面庇付
1棟
埼玉県比企郡小川町大字勝呂字西浦424番地
重文指定年月日:19890519
国宝指定年月日:
重要文化財

小川町は、関東平野の西端に接する比企丘陵に位置し、古くから養蚕と製紙で知られている。吉田家はこの地の農家である。
 主屋は寄棟造、茅葺、間取りは当初、広い土間と板間、および二室の座敷から構成されており、関東地方における古い農家の典型的な形式であった。現在は田の字形に改造されている。
 この建物は、座敷の上に養蚕用の二階が作ってあり、この二階がある側面の屋根の軒先が切りあげられている。養蚕の影響が家の造りにあらわれた最も早い例として注目される。また大きな改造がなく、建築当初から現在にいたる間取りの変遷もよくわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

吉田家住宅(埼玉県比企郡小川町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉田家住宅
和井田家住宅(埼玉県八潮市大字八條) 主屋
旧新井家住宅(旧所在 埼玉県秩父郡野上町)
田中家住宅(徳島県勝浦郡上勝町)
和井田家住宅(埼玉県八潮市大字八條) 長屋門
ページトップへ