大照院 本堂 だいしょういん ほんどう

その他の画像全3枚中3枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

山口県
江戸中期/1750
桁行25.3m、梁間18.0m、一重、入母屋造、桟瓦葺、南面廊下・北面式台玄関及び廊下附属
1棟
山口県萩市大字椿
重文指定年月日:20020523
国宝指定年月日:
大照院
重要文化財

大照院は,第二代萩藩主の毛利綱広が,明暦2年(1656)までに再興した臨済宗寺院である。以後,初代と第二代以下偶数代の藩主の墓所が営まれた。
 現在の伽藍は延享4年(1747)火災後の再建になるもので,本堂,庫裏,書院,鐘楼門が寛延3年(1750),経蔵が宝暦5年(1755)である。
 本堂は入母屋造の大規模な方丈形式である。庫裏は切妻造,本瓦葺の大材を用
いた豪壮なつくりである。書院は端正なつくりの数寄屋風書院である。
 大照院は,本堂や庫裏及び書院が揃い,質実な造形に特徴が認められ,地方における正統的で格式の高い禅宗寺院建築として高く評価できる。
 藩主の菩提寺として近世中期の建築群がよく残り,庭園及び周囲の境内林との空間構成など,優れた寺観を呈しており,価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

大照院 本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大照院 鐘楼門
大照院 書院
大照院 経蔵
大照院 庫裏
萩藩主毛利家墓所
ページトップへ