大安寺 本堂 だいあんじ ほんどう

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

福井県
江戸前期/1659
桁行二五・八メートル、梁間一八・二メートル、一重、入母屋造、玄関附属、桟瓦葺
1棟
福井県福井市田ノ谷町
重文指定年月日:20080609
国宝指定年月日:
大安寺
重要文化財

 大安寺は、福井市郊外に所在する臨済宗寺院で、万治元年(1658)、福井藩四代藩主松平光通が創建した。境内の中心に本堂と庫裏が並び、その周囲に開山堂、開基堂、鐘楼などが建つ。これらの中心建物は、創建以降断続的に、福井藩によって建てられた。
 大安寺は、大型の方丈型本堂をはじめ、庫裏や開山堂など禅院の主要建築を有するほか、開基堂や廟所など、藩主の菩提所として江戸前期から中期にかけて造営された壮観な伽藍が、良好に保存されている。
 また各建物の意匠も優秀で、福井藩大工の高い力量を示しており、重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

大安寺 本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大安寺 庫裏
大安寺 開山堂
大安寺 鐘楼
大安寺 開基堂
大雄寺 本堂
ページトップへ