Zuiganji Hondo

随願寺 本堂

Details

Zuiganji Hondo

随願寺 本堂

宗教建築 / 江戸 / 近畿

兵庫県

江戸中期/1692

桁行七間、梁間六間、向拝三間、背面張出附属、一重、入母屋造、本瓦葺

1棟

兵庫県姫路市白国

重文指定年月日:20090630
国宝指定年月日:

随願寺

重要文化財

 随願寺は奈良時代の創建と伝える天台宗寺院で,慶安2年(1649)頃に姫路藩主榊原家の菩提寺となった。本堂は元禄5年(1692)に建てられた大型仏堂で,境内に建つ開山堂なども江戸時代に整備された。
 随願寺本堂は,全体が装飾的で力感ある意匠によってまとめられており,江戸時代中期の大型仏堂として貴重である。
 また開山堂などの諸堂宇は,いずれも意匠に優れ,本堂とともに宏壮な山中伽藍を形成しており,高い価値がある。

Related Works

Search items related to work chosen