佐呂間湖畔鶴沼のアッケシソウ群落 さろまこはんつるぬまのあっけしそうぐんらく

植物 / 北海道 

北海道
湧別町字東
町営バス三里浜線南丁寧バス停から徒歩5分、湧別町教育委員会 0158-65-3132
北海道指定天然記念物

・鶴沼は佐呂間湖西岸の丁寧から南に1キロメートルの所にあり、吊り橋を渡るとすぐ指定地です。アッケシソウはアカザ科の塩湿地産の植物で北半球に分布しますが、日本では北海道の厚岸、風蓮、濤沸、能取、佐呂間湖畔に生育するほか四国の一部でまれに見られます。
・日本では厚岸湖で初めて発見されたのでこの名前が付きましたが、現在、厚岸湖にはほとんど生育しなくなっているので文化財指定地では唯一のものになっています。
・肉質の草本で枝は対生し、関節があり円柱状で高さ10~30センチメートルになります。葉は節部に小さく鱗片状に付き、花は葉のわきに8月頃咲きますが小さくわかりにくくなっています。
・春夏には緑色であり、秋には紅変してサンゴ色となるために別名サンゴソウともいわれます。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

佐呂間湖畔鶴沼のアッケシソウ群落チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大津海岸長節湖畔野生植物群落
アッケシソウ自生地
厚岸床潭沼の緋鮒生息地
札内川流域化粧柳自生地
大正のカシワ林
ページトップへ