直坂遺跡 すぐさかいせき

史跡 / 中部 

富山県
富山市
指定年月日:19810411
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 本遺跡は、神通川が飛騨山中から富山平野に抜け出る、ちょうど山間部と平野部の境界に形成された上位段丘右岸に所在する。昭和47年、富山県教育委員会が発掘し、先繩文時代及び繩文時代草創期・早期・中期にわたる各時期の遺物及び遺構が発見されている。
 遺跡東南部の緩斜面に先繩文時代及び繩文時代草創期・早期の中心部がある。先繩文時代の遺物は、ローム層中に少なくとも2枚の文化層から層位的に発見されている。とくに上位の文化層は多数の石刃をはじめナイフ形石器、彫器、局部磨製石斧などを出土し、石器組成がよく示されている。
 繩文時代草創期は断片的な資料であるが、早期については、楕円文を主体とする押形文土器が豊富に発見されている。
 繩文時代中期については、遺跡西北部の平坦面に中心をおき、西縁辺部を北から南に入りこんだ小谷に沿って竪穴住居が設けられている。平坦部中央は、遺構のない空間地となっており、典型的な繩文時代の集落構造を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

直坂遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤橋遺跡
ウサクマイ遺跡群
日向洞窟
北斗遺跡
山王囲遺跡
ページトップへ