帆足家分家住宅(松石不老館)主屋 ほあしけぶんけじゅうたく(しょうせきふろうかん)しゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 九州 

大分県
明治/1906
木造2階建、瓦葺、建築面積212㎡
1棟
大分県大分市大字中戸次4361
登録年月日:20051110
登録有形文化財(建造物)

敷地東側の通りに面して南北棟で建つ。桁行8間半,梁間6間の規模で,入母屋造,桟瓦葺,木造2階建。通り土間をもつ商家建築の形式をとり,北側に座敷や次の間などをとり接客空間とする。特に接客部分の各部屋の意匠は優れ,近代の大工技術の高さが窺え貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

帆足家分家住宅(松石不老館)主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

帆足家分家住宅(松石不老館)穀物蔵
帆足家分家住宅(松石不老館)質蔵
帆足家分家住宅(松石不老館)味噌蔵
帆足家分家住宅(松石不老館)湯殿及び風呂
帆足家分家住宅(松石不老館)裏二階
ページトップへ