堂々川一番砂留 どうどうがわいちばんすなどめ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸/1751-1829/1868-1911増築
重力式石造堰堤、堤長9.6m、堤高3.2m
1基
広島県福山市神辺町湯野字トウトウ谷
登録年月日:20060803
国(国土交通省)
登録有形文化財(建造物)

芦田川水系堂々川に近世に建設された砂留の中で,最下流に位置する。当初築かれた堰堤の東袖部にあたる。大型の花崗岩を用いて空石積,布積で築いた石積壁体の上部に,割石を段状に積み上げる。近世に遡る石積堰堤の遺構として貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

堂々川一番砂留チェックした作品をもとに関連する作品を探す

内広砂留
堂々川六番砂留
堂々川五番砂留
堂々川二番砂留
堂々川三番砂留
ページトップへ