無名異焼 むみょういやき

陶芸 

指定年月日:20030710
重要無形文化財

 無名異焼は、新潟県佐渡に伝わる伝統的な陶芸技法である。江戸時代後期に始まったとされており、佐渡の金銀山の金鉱脈近くから産する無名異土【むみょういづち】(酸化第二鉄を多く含む赤色粘土)を用いた、赤い肌を特徴とする陶器の制作技法である。
 無名異焼は、中国江蘇省宜興窯【ぎこうよう】で明時代以来つくられてきた朱泥系統の無釉炻器質【むゆうせっきしつ】の陶器制作に似たもので、幕末以来の煎茶趣味の流行の中で盛んになったとみられ、茶器や花瓶等が主に制作されてきた。
 今日の無名異焼は、無名異土という素材をいかした伝統的な技法をもとに独自の創意工夫が加えられ、地方的特色をもちながら高度な芸術的表現を可能にする陶芸技法として高く評価されるものである。

関連リンク

無名異焼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄釉陶器
釉裏金彩
小鹿田焼
備前焼
青磁
ページトップへ