茅部の栗林 かやべのくりばやし

植物 / 北海道 

北海道
森町字清澄町12
JR森駅より徒歩15~20分、森町教育委員会 0137-42-2186。
北海道指定天然記念物

・天然栗は、主として本州以南のものといわれていますが、明治初年頃の森町一帯の海岸段丘(延長20キロメートル)は栗の密林でした。
・当時は、食用はもとより、明治5年(1872)の森港桟橋の脚材利用のための大量伐採や鉄道の枕木、薪炭材等にも利用されるなどほとんど絶滅しましたが、現在の青葉ヶ丘公園地帯の栗は、馬つなぎの場であったために伐採をまぬがれて残存しました。
・公園内には、130数本(うち、50数本が樹齢200年を超える老木です)が散生し、古くから「茅部の栗」という名で郷土民に親しまれ、今日なお公園の風致を増し憩いの場をあたえています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

茅部の栗林チェックした作品をもとに関連する作品を探す

茅部の鯡供養搭
鷲ノ木遺跡
斜里海岸の草原群落
小清水海岸
柳沢家のアサダ
ページトップへ