夕張の石炭大露頭 ゆうばりのせきたんだいろとう

地質鉱物 / 北海道 

北海道
夕張市高松6番地1
JR夕張駅から徒歩20分、中央バス石炭の歴史村ターミナル前、夕張市教育委員会 0123-52-3131
北海道指定天然記念物

・この石炭の大露頭は、明治21年(1888)北海道庁の技師坂市太郎(ライマン探検隊の随員)により発見され、他に例のない見事な天然標本として教育的にも自然科学的にも貴重なものであり、北海道開発に多大な貢献をした石炭産業の記念物としても価値の高いものです。
・炭層は、古第三紀石狩層、基底部にあたっており、地表には6尺層(1.8メートル)・8尺層(2.4メートル)・10尺層(3.3メートル)の3層の石炭が現われ、この地方の石炭の様子を示しています。
・指定面積は、1,138平方メートルで、現在はゆうばり石炭の歴史村にある石炭博物館と結び、公開されています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

夕張の石炭大露頭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中頓別鍾乳洞
初田牛20遺跡出土の土偶及び墓坑出土遺物
開拓使三角測量勇払基点
大津海岸トイトッキ浜野生植物群落
美唄屯田兵屋
ページトップへ