下呂の田の神祭の芸能 げろのたのかみまつりのげいのう

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選定年月日:19711111
保護団体名:下呂の田の神祭保存会
備考:下呂の田の神祭 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、岐阜県益田郡下呂町森に伝承される田遊びの要素の色濃いもので、二月七日から十三日まで各種の前行事を終了して、十四日の正午過ぎから、部落の田口両家(いまは温泉会館)から田の神行列が出発し、森八幡神社の社前の祭場で、「田の神祭となえ詞」を歌いながら、田打の作法、すなわち田遊びが行なわれる。
 踊り子は花笠を懐中にして、片肌をぬぎ、田植、稲刈、稲メリ、穂摺落しなどの型を歌につれて舞う。また、かたちのよく整った獅子舞もあり、獅子唄は哀調あるものである。田遊びの一種として、地方的特色の顕著なものといえる。

関連リンク

下呂の田の神祭の芸能チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下呂の田の神祭
睦月神事の芸能
はやし田
一之瀬高橋の春駒
田峰の田楽
ページトップへ