旧仲里間切蔵元石牆 なかざとまぎりくらもとせきしょう

その他の画像全3枚中3枚表示

近世以前その他 / 江戸 / 沖縄 

沖縄県
江戸中期/1716-1735
四面一周、延長177.5m、単アーチ門二か所を含む
1棟
沖縄県島尻郡久米島町字真謝122番地
重文指定年月日:19720515
国宝指定年月日:
久米島町
重要文化財

この石牆は仲里間切(村)の蔵元(役所)の周囲を囲む石積み塀である。高さは南側で二・七メートル、北側で三.三メートルあり、南面に表口を開き、北面と西面には單アーチの門を設ける。
 木造建物は全く残っていないが、この石牆は蔵元の構えを示す沖縄地方唯一の遺構である。建設年代は新しいが意匠、構造は堂々として見事であり、沖縄地方の石造技法をよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧仲里間切蔵元石牆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧崇元寺第一門及び石牆
玉御殿 石牆
園比屋武御嶽石門
玉陵 石牆 (外周石牆 )
玉陵 石牆 (中央石牆 )
ページトップへ