Sunuhianutakisekimon

園比屋武御嶽石門

Details

Sunuhianutakisekimon

園比屋武御嶽石門

近世以前その他 / 室町 / 沖縄

沖縄県

室町後期/1519

石造一間平唐門、左右石牆附属

1棟

沖縄県那覇市首里真和志町一丁目7番地

重文指定年月日:19720515
国宝指定年月日:

那覇市

重要文化財

園比屋武御嶽石門はかっては国王が外出のときここで旅路の安泰を祈願したといわれ、元來門としての機能をもつ建物ではなく、沖縄固有の原始宗教である御嶽を拝する場所である。戰前国宝に指定されていたが戰災で大破し、一九五七年旧位置に復旧された。石造平唐門の左右に短い石牆を付けた形式からなり木製の扉を構える。
 この石門は御嶽信仰の遺構として最も完備した形式を示すとともにその意匠、構造もたくみである。

Related Works

Search items related to work chosen